ネギま!の感想ピックアップがメインです。
 旧ブログからこちらに移行しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
すごい書きづらいです(唐突

いや、独り言なんですけどね、独り言(サイレント漫画かよ……

どうも執筆担当はしです。毎週遅れながらも掲載がんばります。サイレントマジョリティーが多そうな企画なんで、ちょっとモチベーションを維持するのが大変です。加えて、なんか第一部完というスラムダンクを見てしまったので、微妙な気分。

さて、このネギま感想ピックアップとは、今週の魔法先生ネギま!の(ほぼ)全ての感想から、気になった感想をピックアップし適時コメントを入れつつ、一つの記事にまとめてみよう!という試みの事です。

サイレント漫画という事で、多くの感想書きが苦労している模様が窺えました。こちらも頑張って更新です。あんまり物語的なツッコみ、作品論には触れづらかったので、私的な感想に近いものがありますが、ご了承をば。

今回は執筆は私こと、はしのみです。
ちなみにピックアップ担当も私です。画像トリミングはペペロニさん、まとめブログ管理は山岸さんです。やくろさん、水音さんは今週お休みです。




今週のトピック

・小ネタまとめ。

・サイレント漫画。漫画の三要素とは?


かなり少ないです。




◆小ネタまとめ。

先に、読んでてネタが上手くまとまっている所を引用してはっつけます。

引用:ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...「ネギま166時間目感想」より

そのお風呂場でのネギを見てみると、腕の傷跡が全く描かれていないんですよね。

166


まほら武道会決勝でナギ(アルビレオ)につけられた右腕の傷。
同じくまほら武道会で刹那につけられた左頬の傷はある程度描かれているんですけど。



ちなみに、これは単行本で修正されます。
まぎぃさんのブログで確認できます。

参考:腕の傷本と映画と時々仕事


引用:すかーれっと航海中<日々研鑽>「魔法先生ネギま!166時間目 感想」より

アキラの洗面器に「MITCHELL」とペンギンの絵がありますが、

166

これはアキラの声を担当している

浅倉杏美さんのぬいぐるみが由来ですね♪

名前-happy*clover



芸細けーですw

他に、小ネタとして、まだ微妙にツンツンして不仲な明日菜や

166

なぜか浴場にいるココネなどですね。

166

あとは、裕奈の行動はイジメっぽいとかの意見が見られました。
まぁ、アキラに成敗される格好になってますから、一応問題は無いとは思いますが。

まぁ、小ネタはこんなものでしょうか。




◆サイレント漫画。漫画の三要素とは?

こっから先は私的な感想・解説に近いです。
でも多分漫画読みでない人間には面白いかと思います。

今回は、サイレント漫画という形式をとって、かなり意欲的なチャレンジになっていましたね。

そもそも、漫画というものは3つの要素に分解できる、と言われています。その3つの要素とは、

1:キャラ

2:コマ構造

3:言葉



この三つです。まぁ、漫画解析フェチ(笑)の人はもうピンと来ているかと思いますが、これは「テヅカ・イズ・デッド」という本からの解釈ですね。

ちなみに、先に解説しておくと、キャラとキャラクターは微妙に違うので、ご了承を(笑)怒られるのを承知で、ものっすごいざっくりと説明すると、

キャラ = そのキャラクターらしさの源。性格みたいなもの。

キャラクター = その漫画に出てくる人物そのものを指す言葉



おおまかにこう定義しておきますね。

さて、ここまで説明した所で、今回のサイレント漫画は、この3要素のうちの一つ。「言葉」という要素を放棄しているのだとわかりますよね。

もちろん、「言葉」の役割に近い記号は、話の中に出てきたりはするのですけども。

166

さて、漫画の3要素である「言葉」を放棄して構成されているにも関わらず、今回の話は十分に漫画として読めてしまうところが実に面白いところです。

どうして、漫画として読めてしまうのか?というと、それは、なんとなく、アキラや、ネギ達が言ってる言葉の内容の想像がついてしまうからなんですよね。

ここが重要なポイントです。

実際に、今回の感想で、このキャラはこういう発言をしているんじゃないか?という予想を書いていた人もいました。

日々のたわごと:「ネギま! 166時間目 沈黙ハ優しさナリ」
(ご迷惑であればリンクは消します)

まぁ、実際の所、どうしてサイレント漫画になったのか?というと、キャラクターが縦横無尽に動き回りすぎてページに抑えきるのが難しい。一話にまとめきるのが難しくなってしまった。
というのも、もちろんあると思います。

各所で述べられているように、アキラというキャラクターも寡黙なキャラですので、それを強調する効果ももちろんあったでしょう。(大体キャラとキャラクターのニュアンスは掴めましたか?(笑))

さて、今回のネギまは「言葉」が無いのに、漫画として読めます。
それは完全に「言葉」を放棄したんじゃなくて、「言葉」を読者に委ねたからと言えます。

言葉を読者に委ねることは、難しいことです。
連載第一回で、サイレント漫画なんかやったら、絶対に打ち切りです(笑)ていうか掲載できません。

じゃあ、何故ネギまはサイレント漫画ができたのか?

それは、先ほども言ったように、アキラや、ネギ、明日菜に木乃香に裕奈に、ハルナ……。
それぞれのキャラクターがどういう時にどういう言葉をいうのか?それを読者が分かっているからです。

「言葉」が無くても「状況」によって、キャラクターの台詞が浮かんでくる。

この状態になったとき僕は、キャラが立ったと表現します。

つまり、サイレントでも漫画が成立しているという事は、いかにネギまのキャラクター達のキャラが立ちまくっているか!という事の裏返しなんです。

「言葉」なしで漫画が成立するのは、キャラが立っている漫画にのみ許された行為だと思います。ゆえに、なかなか作者としては勇気の必要な事です。だからチャレンジですよね。

ちなみに、キャラが立っているか、立っていないか?の簡単な確認の仕方は、同人誌が作られているかどうか?という事があります。

同人誌も、どのキャラクターがどの状況でどの言葉を発するか?という事が読者に分かっていないと作れないですからね。

と、まぁ、個人的には、いかにネギまがキャラクター漫画であるかという事を確認できた回でもありましたね。




今回は感想ピックアップとはいえない内容でしたが(笑)

さて次回はどうなるやら。既に発売されていますが、第一部完ですか。マジですかああそうですか。ま、次はいつもどおり作っていきます。

ではまた来週。

執筆担当:はし
画像トリミング:ペペロニ
転載作業:山岸
スポンサーサイト
2007.04.05(20:00)|ネギま!感想ピックアップコメント(6)トラックバック(1)TOP↑
ども、ごーるど銀賞管理人のはしです。前後編のエピソードで、今回は後編の分の感想ピックアップとなりますね。

このネギま感想ピックアップとは、今週の魔法先生ネギま!の(ほぼ)全ての感想から、気になった感想をピックアップし適時コメントを入れつつ、一つの記事にまとめてみよう!という試みの事です。これさえ読めば今週の感想はOK!っていえるようなものを目指しています。

今回も、執筆にマンガ☆ライフの水音さんを加え、いつものメンバーでお送りしています。(執筆:はし ピックアップ担当:やくろ 画像トリミング:ペペロニ まとめブログ管理:山岸))

いままでの感想ピックアップはネギま感想まとめブログにまとめてありますので、興味がある人は是非参照くださいませ。

それでは、今週の感想のトピックを挙げてみましょう!
全部挙げるとキリが無いほど濃いので、かなり絞ってあります。




・のどかの嫉妬心
(のどかと夕映の恋愛は?)

・懺悔室ふたたび。刹那と千雨はの場合。
(いろいろネタがありますが、とくに千雨と刹那が重要でしたので、そこに絞って)

・ネギにとっての、好きな子の順番は。
(13話時点での順番と比較してみると……?)

・つっぱしる?ネギ君。
(思い悩むネギについて)



では、それぞれ見ていきましょう。




◆のどかの嫉妬心

165

懺悔室での、美空とのどかとのやり取りです。のどかは、自分がネギと深く理解しあっている夕映に嫉妬してしまうというものでした。しかし、のどかにとっては必要なステップでした。

引用:物語三昧~できればより深く物語を楽しむために「164~5時間目『マジカル・悪戯魂』 のどかと夕映の関係②」より

そう、夕映のほうが、ちゃんと女の子の感性でネギくんを好きだったんで、のどかが尊敬ベースで独占欲をともなわないことに、不安感を覚えていたんですよね。だってそうでしょう?。のどかが別に独占しなくてもいい!と考えていれば、恋愛としては夕映のほうに正しさがあります。そうすると、勝つのは自分でなくてはいけないという正統性が生まれてしまうので、のどかを裏切るコトになるということで、夕映は困っていたんですもんね。このへんの先読みは、、、ほんと脳が空転するタイプだなー(笑)。

だから、次には、のどかが自分の心の中にある嫉妬ベースの気持ちに気づけるかどうか?そして、気づいたとしたら、、、そもそも何か一歩前に踏み出す勇気を体現していた宮崎のどかというキャラクターが、そういった現実の厳しさや苦しさを知った上で、、、それでも前へ一歩進む勇気をもてますか?っていう人格のあたらな深みへのステージに立つことになるんだよねー。文学的に考えると、このステップは当然。同じ舞台に上がらないと、恋の競争にならないもん。



のどかと夕映とネギ。この三角関係が進展するには、どうしても、のどかが自分の嫉妬心に気づく必要があった、そして、その嫉妬をもってなお前に進めるか?という事。

165

また、恋愛において、相手のことを理解しているというのは大きくリードしているという事でもあります。夕映とネギが超との一件を通して、深く理解しあっていたという事はそれだけ二人の距離が縮まったという事なので、のどかは内心あせってしまったのですね。そして、あせっていた自分に気づいたという事。

まだ、この三角関係は話のつづきがありますよ、という事でもありますね。

また、一見夕映が完全にリードしているようにも見えますが、

引用:物語三昧~できればより深く物語を楽しむために「164~5時間目『マジカル・悪戯魂』 のどかと夕映の関係②」より

川原由美子さんの傑作『前略ミルクハウス』を思い出しました。主人公の涼音は、結局自分の過去を知らない、天然の女の子を愛する相手に選びました。それは、、、自分の過去や心の苦しさをすべて理解されているのは、実は苦しい。それに向き合わなければいけないとしても、大事なのは、理解されることや共感ではなく、、、自分が戦うことを無根拠にでも支え愛してくれることだけが大事なのであって、、、理解されたり知られてしまうことは苦しい・・・・。といっていました。



理解されることは、実は苦しい。そして、理解していることよりも、相手を支えていられることの方が重要という話。

もちろん、支えることが重要ではありますが、相手を支える理由は「相手の事を理解しているから」というのがたいていの場合という事も覚えておくべきかな、と個人的には思います。相手の辛い部分をわかっているからこそ支えたいわけですね。無根拠に支え続けるという事は、それだけに難しいことなのです。

(まぁ、これは選ばれる側の話なので、ネギがどっちを選ぶか?には関係ないのですが(笑))

それはともかく、のどかにとっては嫉妬心を認めて前に進むことが必要だったので、

165

この美空の発言は意外と的確だったわけですね(笑)

だからココネは、

165

と言っていたりするのですね。まぁ、ココネがここまで考えて言ったのかは良く分かりませんが(笑)




◆懺悔室ふたたび。刹那と千雨の場合。

全員に突っ込むとキリが無いので、特に重要な刹那と千雨に絞ります。

・刹那

これが赤松先生の言う「ラブリー」なのでしょうか。
このせつに対するツッコミのようで実際はネタを投下しているようにもみえますが……。ただ仮契約の方法ってキスだけじゃないんですよね。

そういえば、以前7巻で木乃香と刹那の仮契約に関する話題が出てきていましたよね。この懺悔室のシーンで、そういう事があったという復習にもなります。

165

カモ曰くに、「それが一番手っ取り早い」。ネギが仮契約する時は大抵緊急事態なので、こっちの方が多くなるわけです。木乃香達は今後の事を考えて仮契約したいのであって特に急いでいるのではない。いやならカモから他の方法を聞き出せるわけで。

つまり、何が言いたいかというと、「あれ?刹那って、木乃香とキスしたいの?」と(笑)
アニメの影響かなぁ。そうやって刹那が百合に悩めば悩むほど、引きずり込んだ木乃香が腹黒く見えてしまう。いや、黒い事は分かっているのですが(笑)


・千雨

木乃伊取りが木乃伊に。

麻帆良祭の総括と考えると、「ちょっとファンタジーに出かけたら帰れなくなった」という読み方がふつうです。ちょっとファンタジーに出かけるには高い代償を払っているような気もしますが、千雨にとっては「ちょっと関与しすぎた」と思っているのですね。 ただこれに「二つの読み方」が許されていることに気づきますよね。

引用:終ワリノ始マリ「165時間目」より

が、ちうネギのラブっぷりに傾倒してるとうっかり

「はじめは年上のお姉さんぶってガキんちょ先生をちょいとオトナの魅力でからかってやるつもりだったのに、いつの間にかこの私のほうがメロメロじゃねえかorz こんな10歳に……悔しいっ! でも…感じちゃう…っ!(ビクッビクッ」と、恋するネットアイドルはせつなくて魔法先生を想うとすぐエッチしちゃうの的な18歳未満にはお勧めできない読み方になってしまうので、ちう派の読者の皆様におかれましては特に注意されたし。



どこのクリ○ゾンだよ!、というツッコミはさておき。

これ、

・魔法使い側に完全にいくんじゃなくて、ちょろっと口出しして終わるつもりが、うっかり仮契約までしてしまって、がんばっちゃった事を考えると自己嫌悪が…。



という読み方でも、

・ネギになんか全然興味ないつもりだったのに、仮契約したときのキスが忘れられない…。もしかしてわたし……?



的な読み方のどちらで読んでも許されるというのが面白いところです。読者には読み方の自由が担保されているわけですので。もちろん、物語的に正しい読み方は、前者のほうではあるのですが(笑)ただ、真っ赤になってあの台詞を言っていたらそれは誤読しようってなものですよ。

ともかく、まぁ、千雨が魔法使い側に転びつつあるのは間違いないでしょう。 ただツンデレなので自覚しては駄目ですが。非日常への越境でネギ側についた千雨が、日常でも転んだら大変な事になりますよ! しゅっふっふ(笑)




◆ネギにとっての、好きな子の順番は。

165

この流れ、実は以前にもあったことを覚えているでしょうか?

13話の時点でも一度、ネギがとっさに思いつく好きな子の順番は出ているのです。

引用:赤松健作品総合研究所 掲示板「ネギま」165時間目より

13話の時点では、ネギの好きな女の子の想像順は、
アーニャ→ネカネ→木乃香→明日菜
の順だったのですが、この5ヶ月の間にだいぶ変化が起きたようです。



165

もちろん、この時は各クラスメートの紹介が終わっていない状態なので、ネギの頭の中に浮かぶクラスメートの数自体がとても少ないです。その証拠に今話では大量のクラスメートが浮かんでいます。裏を返せば、学園祭までにクラスメートとの絆をそれだけ深めたという事でもありますね。

視線の移動の仕方から言って、ネギが頭に浮かんだ順番は

明日菜

アーニャ

エヴァ・夕映

刹那・古菲・茶々丸(ハルナ?)

木乃香・いいんちょ・まき絵

亜子・千雨

楓・龍宮

のどか


といった所になりそうです。ちなみに、のどかが最後になっている理由は恐らく、最後に回した方が展開にメリハリがあるから、という所でしょう。

16・17Pを見ると、「ネギが好きな子(?)を思い浮かべる → のどかを思い出して赤くなり焦る → 美空がそれっぽく諭す」

という流れになると思うのですが、これはテンション的に緩→急→緩と変化しているので、読みやすくはなりますよね。

それはともかく、エヴァと古菲が高いところに居るのがポイントですね。真面目なネギにとって、師匠というポジションがいかに重要な領域を占めてるかという事ですね。(言うまでもなく、エヴァは魔法の師匠で、古菲は体術の師匠)

千雨の順位が低いように見えますが、千雨のエピソードは千雨の視点で書かれている場合がほとんどなので、読者の考える順位とネギの考えている順位にズレがでてるんだと思います。特に千雨は自意識空転系少女その2なので。(その1は夕映)





◆つっぱしる?ネギ君。

実は、この話は前回の話と前後編になっており、そういう意味ではまだ学園祭の総括(復習)は続いています。

165

今回はわかりやすく、ネギの葛藤が描かれていましたね。つまり、

日常を守るのか、非日常へと進むのか

です。ふつうはここまで悩まないのですが、ネギはどうも極端に考えてしまう性格のようで、だから「どう生きていけばいいかわからなくて‥‥」となるのですね。

165

なので、極端に考えがちなネギには「そうじゃないでしょ、こっちも重要でしょ」と思考のバランスを取る相手が必要になってくるのですが、まさしく、そのポジションが明日菜ですね。

どっちが重要なのか?なんて問いに答えなんて無いのが普通なので(なぜならば、どっちも重要だから)、この先、ネギは延々と悩み続けなくてはいけないことになりますね(笑)

ちなみに、明日菜はもともと非日常側の人間である可能性が高いので、多分「日常の方が大切だよ」といつまでも言う事はできないのですけどね。





今回のピックアップはこんな所です。

一応感想と名のつく記事は全部目をとおしていますので(笑)最近、ちょっと引用先が固まっているのが悩みどころですが・・・?

では、また来週お会いしましょう。
にしても、次はサイレント漫画の感想ですからねぇ…。どうピックアップ書こうか(笑)


執筆:はし 水音
製作協力:やくろ ペペロニ 山岸
2007.03.08(19:47)|ネギま!感想ピックアップコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
先週はお休みして、二週間ぶりです。

もはや定番となりつつ(?)ありますが、この「ネギま感想ピックアップ」とは、
今週の魔法先生ネギま!の(ほぼ)全ての感想から、気になった感想をピックアップし適時コメントを入れつつ、一つの記事にまとめてみよう!という試みの事です。

今週は、執筆に水音さんにもお手伝いして貰っています!
他はいつものメンバーが手伝っています。ありがとう!

それでは、今週の感想のピックアップです。




・美空とココネの関係?
(ココネがマスター!?という言及が)

・学園祭、総括!
(今話は「学園祭まとめ」の意味合いが強かったですね。)

・明日菜「超に似てる」の意は?
(超≒ネギを指摘。読み手にとっては今更感はありますが……)

・懺悔室に来る3人
(最後にのどかが出てくるのがミソですね。)



それでは見て行きましょう。




◆美空とココネの関係?

164

武道会の時点で、誰かと仮契約していた美空ですが、ついにマスターが判明。なんといつも一緒にいたココネがマスター!ですが、今までネギまでは「パートナーも魔法使い」なんてのは存在していません。つまり初めての関係なのですよ。

引用:ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...「ネギま164時間目感想」より

魔法使い同士の契約だとお互いの意識と魔法陣の書き方で主従関係が決まる。
っていう情報が確かどこかで出ていたはず。うーん、Q&Aだったかなあ。



たしかQ&Aだったと思いますね。確かその時の話は「エヴァンジェリンとネギが仮契約するとして、どっちが主従関係になるか?」だったかな。これに対する公式回答が「魔法陣の書き方で決まる」とのことでした。

さて、この二人の関係ですがココネが美空にデレってるそうで。ネギが明日菜にデレってるように、姉のように感じているのでしょうか。美空の性格は既に周知の通り「いい加減」。その美空をココネが頼りにしていると言うことは、何らかのイベントで信頼度が上がったんでしょうね。

引用:くろうのだらオタ日記「魔法先生ネギま! 164時間目 マジカル悪戯魂」より

これらの事実を繋ぎ合わせて、彼女の現在の立場を妄想してみる。

美空の生まれは魔法世界。しかし、イイカゲンな性格の彼女は、厳格な魔法世界と肌が合わないでいた。そんな中、なにかの関係で魔法世界から迫害を受けているココネを助ける。ココネを助ける方便として契約もしてしまう。彼女はココネの場所を作る為にも、以前より願っていた人間界行きを希望する。美空の親は、お淑やかにしている事、魔法生徒をとして人を助ける事、を条件に、それを許す。現在に至る・・・



これはありそう・・・。
これが先ほど上げたイベントで、ココネルートに分かれたのではないかと。
美空、ちゃんとフラグ回収してたんですね・・・。




◆学園祭、総括!

こちらでも書かれていますが、

引用:ランゲージダイアリー「「魔法先生ネギま!」164時間目「マジカル悪戯魂」/マガジン感想」より

作中でもセルフ突っ込みが入っておりますが、文化祭編が非常に長くなったので、その間にどんなことが起こったかさりげなく確認してる感じでしょうか。



今回の話は学園祭総括的な意味合いの強い話でした。学園祭で起こった出来事を美空視点で振り返りつつ、学園での日常生活を描いたという所でしょうか。また、以前まではこういった役回りは千雨が請け負っていたのですが、美空が行っているというのも見所です。千雨がネギ側に近づきすぎて公平さを保てなくなってしまった、というのも要因の一つでしょうか。

千雨から美空へ「客観的に見る役の交代」が起こっているわけですね。

つまり今話は、その美空の視点を通じて、各キャラへと視点を向けて、学園祭を振り返っている、と言えそうです。そこで、まずは刹那と明日菜に目が向きます。

164

さりげなく、武道会で対決した事と、二人でヒーローユニットとして活躍したことの二つを話題に出しています。さりげない。

また、それを見つめる運動部たち

164

さらにソレを眺めるチア部たち。背景キャラに
「オイあれ!」
「あー、でこぴんロケット!」

と言わせてるのも、さりげなくて芸が細かいです。

164

その後、教室に行き出席確認。その際に……

164

古菲「いや‥あいつそーゆーの苦手アルしね 大丈夫ヨ
   お別れ会も喜んでたし‥‥皆によろしくと言てたアル」

葉加瀬「きっと向こうでも
    超さんは元気にやっていますよ――」


この一連の台詞を、超と一番絆の深いだろうクラスメートの、古菲と葉加瀬に言わせている辺りがニクいですね。あと、無関係ですが、このコマ割は上手いなと思った所でした。古菲の発言のコマの中に、葉加瀬を入れ込んで、台詞を読んで動く視線に合わせて、葉加瀬のアップへ移る(逆に漫画的だなーと思ったのは、美空と亜子のやり取りの辺り)。

そして、他のクラスメートについても読者の目が向きます。

164
164

龍宮のコマでは、シスターシャークティを話に持ち出して、武道会の裏で暗躍してた事も確認。エヴァについてもあくまで確認程度ですね。

これを眺めている美空を、更に見ている亜子を引っ張り出して、14巻での、ネギ(ナギ)との恋を読者に思い出させてます。

164

これって、週刊漫画として凄い配慮されてますよね。
単行本読者は「読み返す」という行為をするので、振り返るまでもなく、出来事を把握している事がほとんどです。しかし、それをできない、「週刊でしか読めない読者(もしくは読まない読者)」もいるのも間違いありません。どうしてこういう総括をするのか?というと、引用の通り、長くなってしまった学園祭の出来事を振り返るのと同時に、「週刊でしか読めない読者」を振り落とさない為の配慮です。

これがあると無いとで、どこに違いが出るか?というと、つまり、途中から読めるか読めないか?という所に繋がる訳で、ずいぶん今話から読み易いかと思います(多分)。




◆明日菜「超に似てる」の意は?

明日菜の言う「超に似ている」という発言は、ネット界や、漫画読みの中ではわりと広まってる話かと思っていまして。そういえば、明日菜の口から出てきたのは意外と言えば意外かもしれませんね。

引用:ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...「ネギま164時間目感想」より

つまり、その自分の目標だけが自分の全てだと思い、1人で猪突猛進化してしまう事。
これを明日菜は心配しているんです。

このネギの危うさは何度も指摘されていますね。
62時間目で明日菜に、114時間目で刹那に。
他にも細かく見ればあるんですけど、大きく上げるならこの2つでしょうね。



ネギの危うさに加えて、鋭い指摘なのが此方。

引用:ランゲージダイアリー「「魔法先生ネギま!」164時間目「マジカル悪戯魂」/マガジン感想 」より

3-Aの皆も何もかもふりきって、(表面上は)ただ己の目的の完遂のために全力を尽くした超と、お父さんという目的のためには何もかも(あるいはもしかしたら3-Aの皆や私も……というのが明日菜の不安)振り切って走り出してしまいそうなネギが重なると。

結局超の物語は160時間目「世界が平和でありますように」のラストで「フフ…まいったネ。3-Aの皆には私も敵わないヨ」と言ってる通り、「3-Aの皆」の方に軍配が上がって相克が解消され、あまつさえネギ自身が161時間目「未来はみんなのためのもの」のラストで「全てだなんて嘘ですよ。儚い夢だなんてそんなハズありません」と、「3-Aの皆」も大事だったでしょう?的なことを言っていたため、明日菜はネギ自身も過度の目的(お父さん)志向じゃなくて、「3-Aの皆」との仲間パワーに目覚めたか……なんて思ってたのに、前回でお父さんの生存を聞いた途端ネギはまたお父さん志向に戻っちゃったもので、なんかもどかしくてかつ今ひとつ面白くないんですね



明日菜「超さんに対して「日常」も大切でしょ?って言ってたくせに、クウネルさんからお父さんの話をちょっと聞いただけで、それをもう忘れてるじゃない!ネギのばか!」

要するにこういう事ですね(笑)

また、明日菜の場合はこのような感情を持ったけれども、同じネギを見たクラスメート達の反応がそれぞれ違っている、というのも、当然見所の一つです。

刹那と楓の場合。

164
164

ポイントはネギが、ナギの事に目が行っているという事を(おそらく)わかった上で、この表情をしているという所ですね。明日菜と同じく分かっていても、それでも明日菜とは反応が違っているという訳です。

この違いは、刹那の方は武道会で直接ネギに諭したからというのも大きいかもしれません(時間的には数日前)。明日菜も直接言った事はありますが、結構昔ですしね。

つまり、刹那と楓は、ネギはナギの事に気が向いている、けれどももう大丈夫だろうと思っていて、かつ信頼しているという事になりますね。もしくは、明日菜の反応を見越してのこの笑みかもしれませんが、その場合ちょっとだけダークな笑みに見えます(笑)


次、のどかの場合

164

のどかの場合、途中退場したという事もあり、
「よく分からない、けど何か心配。」という程度でしょう。ネギの気持ちがクラスに向いていないというのは、なんとなく気づいているみたいです。ただ、心配してる理由には自覚してないという事です。

千雨と夕映の場合

164
164

千雨は、一番わかりやすくて、こういうネギの姿を「またか」と見ていますね。まぁ、普段の千雨の対応と、さして変わらないです。

逆に夕映は一番わかりづらく、表情が読めません。
(ちなみにこの人も分からないと言っていました。)





◆懺悔室に来る3人

懺悔室に来たのは

・明日菜
・夕映
・のどか

の三人。ですが、ツッコミ所は二つ。

1:明日菜は「その少年のことがお好きなんですなぁ」に気づかない。

2:のどかはイドの絵日記を持って懺悔室に入ってくる。



1について。

明日菜と美空の会話中、明日菜がケンカしてしまった相手は「居候」と言っているだけで、明日菜の口から「少年」とは言っていません。明日菜は指摘されてもテンパって、まったく気づいていませんが…。

164

このせいで、美空だとバレる?のかもしれません。

2について。

164

イドの絵日記の発動条件は、「相手に自分の名前を言わせること」です。いわば、話のネタ・ギミックですが、これを持ち出した以上、アーティファクトとしてのどかが使うのは当然として、

・どう使うのか?

・どうして使うのか?

を考えると面白いかもしれません。




という訳で、今回の感想ピックアップでした。
今回はトピックを絞って書いてみましたが、どうでしょう。

次回からは毎週ですね。あまり遅れないよう気合いれて頑張ります。


執筆:はし 水音
製作協力:山岸 ペペロニ やくろ
2007.03.07(22:58)|ネギま!感想ピックアップコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今回は執筆者の個人的な都合で縮小更新です。すみません。

まぁ何があるとか言いませんが、時期的に察してください。


今週は気になった感想の引用と、それに伴う解説画像の貼り付け。
トピックと、それに伴う感想の様子は挙げますが、解説する物は焦点を絞って少なめにしました。




以下が今週の感想内容のトピックです。


・そ・・・・それじゃあ超さん! ここに残って・・・・みんなと一緒に卒業を・・・・!
(刹那のこけかたは「クックロビン音頭」のポーズだ、とか、さよはこけられるのか、等)

・愛の告白の流れ
(明日菜が真っ先に反応、ついでプロポーズという言葉に千雨、夕映、のどかも反応)

・究極兵器『超家家系図』
(言及数かなり多し。ネギは婿入りしたのか、ムスカ千雨、など)

・いいんちょとまき絵

・パルのアーティファクト
(明日菜のアーティファクトで消されるハルナのゴーレム)

・明日菜の目潰し
(最も今週のベストショットに挙げられていました)

・超「私の望みは既に達せられた」

・超未来へ帰る
(言及数最も多い。やはり予想外だった人のほうが多いみたいです。)

・五月、葉加瀬、茶々丸に一言ずつ
(超包子を任せられる五月・呼び捨てる茶々丸)

・エヴァと学園長

・古菲の涙

・家系図は明日菜が燃やした

・いやーホントだねー2年分くらい休みたい感じ!!
(作者からの言葉じゃないですか?(アッーー!)

・うほほっいいねー
(うほほい!ねー)






それでは、引用して書いてみます。

◆13巻表紙の背景と162話1コマ目の背景。

引用:進ちゃんのメモ倉庫「魔法先生ネギま!162時間目へのツッコミ」より

1コマ目の超の未来(想像)の場面の背景にちょっと見覚えがあったのでよぉーく見てみると…
なんと13巻目の表紙の背景とまったく同じじゃないですか!
崖の上にある建物や右側の橋、さらには左側の崖下にある建物までまったく同じです。


13巻の表紙と同じ絵が出ているというツッコミ。
手抜き、というよりも自覚的に同じ背景にしているのだと思います。
敢えて同じ背景にする理由が他に無い訳ですし、13巻の表紙は「ナギが居る」という点でイメージ画像ですし、今回も「超と歩む道」というイメージ画像ですから、使っている意図は同じかと思います。

162


162


同じ背景ですね。
画像で見ると分かりづらいですが、明日菜の居る側が、本でいう「ノド」の部分に当たります。(「ノド」とはページの付け根の部分。見づらい場所)

「ネギと並んで歩く超」がまず目に入って、次に明日菜が目に入るのではなくて、ネギと超の間に挟まれている、古菲の方がまず目に入るというのが面白いですね(笑)

このコマは「超が思い浮かべているイメージ」なのですが、それが端的に現れていると言っていいと思います。(コマの中で書いてある「お前達と共に‥‥『立派な魔法使い』を目指す‥‥か」はどう考えても超の言葉。)自分がネギと動くならば、当然古菲も一緒という。つまり、画像から分かる超の優先順位的にはネギ→古菲→明日菜→刹那・木乃香・夕映・ハルナ→のどか

となっています(笑)
のどかがノド部分で一番目立たないですからね(冗談ですw)




◆明日菜のアーティファクトで消し飛ぶハルナのゴーレム

引用:ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...「ネギま162時間目感想」より

明日菜がハルナに向けて投げたハマノツルギがゴーレムに当たった後のコマで、
きちんとそのゴーレムが消滅している描写があるのは相変わらず細かいなと思ったり。
(※ハマノツルギには召喚された魔物などを送り返す能力がある。)


162

ぶつけられて

162

消えてますね

細かいツッコミですが、明日菜のハマノツルギは、アーティファクトで召喚されたゴーレムも例外なく消し去ることが可能みたいですね。かなり細かい演出なので見逃した人も多いかもしれません(笑)




◆超「私の望みは既に達せられた」

引用:気が向き次第書くブログ「今週のネギま! さいしゅうへいき「でんげんを きれ!!」」より

「私の望みはすでに達せられた」
意味深な言葉です。
くどいようですが魔法バレは手段にすぎないので、これが失敗したからといって目的を果たせなかったということにはなりません。


引用:URA-CH@OS「魔法先生ネギま!162時間目感想」より

>「私の望みは既に達せられた」
というのが引っかかります。
素直に考えると「超の計画が破綻→未来は変わらず→超ふてくされる」というパターンになりそうなものです。
キーワードとなりそうなのは
>「我が計画は消えた だが私は生きている
でしょうか


162


162


超の言葉を額面通りに受け取って考えると、超が生きてること自体に意味があったのであって、魔法バレ自体は手段であって目的ではない、というのが引用の意見です。

魔法バレすることが、超にとっては「ベストな結果」であって、今の状況は「ベターな結果」なのかも。分かり易く言うと、「満点ではないけど、合格点」的な状況なのかも知れないですね。

まったく別の観点から、この台詞を考えた所も引用です。


引用:漫研「今週の一番 #451 超鈴音の野望」より

さて問題の謎のセリフ「我が望みは達せられた」ですが、僕なりに色々考えてみました。ちょっと複雑に考える事もできるのですが、やはりシンプルに、単純化した話をします。要するに予想として超鈴音はネギと同じ迷いを持っていたのではないか?その答えが“望み”の一つだったのではないか?という事です。これは超の野望が「科学・魔法大戦の回避」だろうと仮定できたとき、焦点が定まった気がします。
ネギくんは夕映の言葉を遮り「自分は超を否定できない」としたのですが、実は夕映の主張を遮る事ができないのは超なんです。あれは第三者というか計画当事者じゃないネギくんだから遮る事ができるわけで「じゃ、二次大戦も回避しろよ?一次大戦も回避しろよ?回避する不幸と回避しない不幸はどこで線を引く?数?」と詰め寄られれば何も返す事はできません。計画当事者が「しかし、それでも何割かのありふれた悲劇を…!」などと言ってしまうのはカッコ悪い事この上ありません。
だから超鈴音のネギを誘うセリフは「悪を行い世界に対し僅かながらの正義を成そう」なんですね。

つまり、超は自分の計画が正しいのか?間違っているのか?それを知るのが「望み」だったのではないかと。


勿論、歴史改変を目指して過去に来てはいたものの、最終的な部分で、超は自分の計画が正しいのか、ネギに判断してもらう事が目的だったという意見。つまり超は自分が歴史改変することは正しいのかどうか答えを出すことが出来なかった。だから、自分の先祖であるネギの行動次第で成功も失敗もする計画を立てて、ネギとの勝負に託した、という。

超は、最終的に歴史改変をしないという決断をしたから、超は未来に帰ります。

そもそも、超が居ること自体が歴史改変に繋がってしまうからですね。

引用:くろうのだらオタ日記「魔法先生ネギま! 162時間目 幸福な未来に再見!!」より

前回のネギのセリフを考えてみる。「現代に残って一緒に未来を変えよう」という超への誘い。このセリフはある意味欺瞞に近い。ネギが超と戦ったのは、未来人である超に歴史を変えさせない為。確かに、超の計画は自分自身が未来に帰ってしまうという点でも自分勝手なものだが、超が現代に残って責任をとっても未来人が歴史を変えるという事実に変わりは無い。やり方さえ変えれば良いと言うものでも無いだろう。歴史を知っている超にその行動を自由にさせるという事は、それだけで彼女の恣意的な世界に出来るという事であり、これは絶対に阻止すべき事。ネギの1週間の遡りなどと比べられるものではなく、善悪論と関係無くても現代を生きる人の尊厳を守る為に、現代人として対抗すべき事だったはずだ。


しかし、茶々丸は「未来からの技術のカタマリ」にも関わらず、茶々丸はクラスに残っています。歴史改変が許されないならば、本来的には茶々丸も残っちゃいけない事になります。しかし、現実には茶々丸はクラスに残っています。これはネギ達は「未来がどうなるか分からずに」何かする事はOKという譲歩をしたからです。さて、超の目的が「ネギに決断してもらう」事だったとして、すると、超が得た結論は

1:「過去は受け入れるもの」

という事と

2:「未来人が歴史を改変することは出来ない、変える事ができるのは現代を生きる人間だけ」

という事です。前者の「過去を受け入れること」はFateと構造的に全く同じですね(超がセイバーと士郎に対応している)。(参考:物語三昧:『Fate stay night』TYPE-MOON セイバーシナリオについて~不死性とは?

そして、この超鈴音編を通して、ネギは「どう頑張ればいいのか、わからない。けれども、超のために歴史を変えなきゃ行けないという事を背負わされたのも面白いですね。未来を知らずに頑張ることは、ネギも超も認めていますから。

しかし、超は「過去は受け入れる」という結論を得ている以上、ネギに「歴史を変えてくれ」と言う事は絶対にできません。そう告げることは「歴史改変を望む」=「過去を受け入れない」と、なってしまうので。でも、ネギは、現代に生きている以上、(未来を知らないならば)歴史を変えていく事は可能です。そして、ネギならば実際に変えてくれるかもしれないというのも面白いですね。つまり、超は、ネギなら歴史を変えてくれるかも知れないと期待する事は可能です(笑)

でも、「変えてくれ」とは 絶対に言えない(笑)

いやーツンデレっぽいですねぇ(笑)




という訳で若干縮小更新でした。
いかがでしょうか?

ところで、次回は執筆者都合によりお休みです。
ではまた。


執筆:はし
製作協力:やくろ 山岸
2007.02.10(00:30)|ネギま!感想ピックアップコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
どうもこんにちは。戦国ランスやってて更新が遅れました。

執筆者のはしです。

いや、あのゲームは本当に危険ですね。廃人になれますよ。
ピックアップ書く為に余裕持って土日の午前中空けていたんですが、午前中どころか午後も月曜もやってしまいました。封印しないとそろそろ危険です。ニートになってしまいそうです。

そんな自分の話はさておき、
今週の魔法先生ネギま!の(ほぼ)全ての感想から、気になった感想をピックアップし適時コメントを入れつつ、一つの記事にまとめてみよう!というこの試み。

今週も、いつものメンバー(やくろさん・ペペロニさん・山岸さん)に手伝って貰っています。ありがとうございます。加えて連絡ですが、まとめブログが容量の関係で移転しました。あたらしいブログはこちらですので、よろしくお願いしますm(_ _)m

今週は超編エピローグ前後編の前編という事で、その辺踏まえて書いていこうと思います。では今回の、みなさんの感想トピックはこちらです。




今回の感想トピックです。

・時間跳躍弾に打たれた人達の様子。
(場所していもしている点などに、色々ツッコミが入っています。)

・後夜祭でのクラスメート達の様子。
(千雨がパーティに参加してる!などなど)

・高音脱がず。
脱がない高音さんは高音さんじゃない。

・人呼んで ゆーな☆キッド キッドって呼んでくんな
(言及多いです。一撃兄ちゃんに涙……。)

・食券300枚へと反応する奴ら
(過剰反応する生徒みんな。あとJoJo苑w)

・龍宮と楓は?
(引き分けでしたね。一部ファンは過剰反応。)

・それにしても、このデスメガネ。ノリノリである。
(きゅぴーん。ってしてます)

・超と、ネギ。
(頬を染める超など色々。)



ではそれぞれ見ていきます。




◆時間跳躍弾に打たれた人達の様子。

色々と時間跳躍弾の影響で飛んできた人が居ますが、重要なのは同じ場所に全員飛ばされているっていう所ですね。どういうメリットがあって超が時間指定に加えて場所指定もしたのかは、分かりませんけども。

色々な人が飛ばされてますが、ちなみに

引用:これは・まさかカフンブン「ネギま!161話感想 」

①時間跳躍弾に撃たれた人達が、次々と帰還。ご多分に漏れず、刀子さんもパンチラ。2007年初のパンチラはクラスメイトではなく、教員であるという事実。次はシスター・シャークティに期待です。



161


新年初パンチラらしいです。

言うまでもありませんが、ネギま!はパンチラ漫画でもあります。それだけに、パンチラは読者もチェックいれてます。それにしても、少年誌で読者が新年初パンチラを調べる漫画はネギま!ぐらいのものではないでしょうか。ToLOVEるとかはパンチラ以前の問題ですし。

時間跳躍して来たキャラクターについてはこの引用。

引用:SEVENTH★HEAVEN「161時間目 感想&考察「酒池肉林」」より

時間跳躍された主なキャラクターは
タカミチ、弐集院先生、神多羅木先生、ガンドルフィーニ、グラサンスキンヘッド(仮称)、刀子さん、美空、亜子、史伽、ココネ、シャークティ、のどか。

亜子と史伽は田中さんのガトリングに撃たれて「ゆ ゆーな助け……」のところで時間跳躍。
そのため、3時間後に出てきたときには「て」と一言

ちなみに、のどかは「そのっ がんばってくだ」のところで飛ばされたので、出てきたときには「さいっ…あれ?」と



冒頭に出てくる亜子と史伽。あと後半に出るのどかについても上の引用の通りです。一応、今話で時間跳躍の影響を受けたキャラクターは網羅されています。

他に、対決していた楓と龍宮についても回収されていますね。
二人の対決については以前の感想ピックアップで取り上げていますので、そちらも参考にしていただければ面白いかと思います。

アセティック・シルバー「ネギま!155時間目 感想ピックアップ」

一応、セルピ……瀬流彦先生は時間跳躍弾を受けなかったので、タカミチと供に他の先生の解説役に回っているみたいですね。(タカミチも時間跳躍弾を喰らいましたが、彼はもともとこういう立ち回りなのでしょう)

161





◆後夜祭でのクラスメート達の様子。

後夜祭の見開きページでは、各々のクラスメート達の様子が描かれています。3-Aらしくにぎにぎしいのですが、それよりもポイントとなっているのはこの場に千雨が居るって事ですよね。

引用:くろうのだらオタ日記「魔法先生ネギま! 161時間目 未来はみんなのためのもの」より

最大の功労者とも言える千雨も、普段なら絶対に参加しないであろうこの場に、少し外れながらも付き合っている。これだけでも彼女にとっては大きな進歩か?



そういえば、2巻の時点ではクラスのお花見すら嫌がっていた位ですから、
なんだかんだ言ってクラスになじんでしまっています

161


意外と言えば意外ですが、麻帆良祭編では大活躍でしたし、
人気も出てきたからという理由もありそうですね。




◆高音脱がず。

161


高音「そう何度も脱げてたまりますか!」

高音本人は別に脱ぎたいから脱いでいる訳じゃないと再確認できました。もし仮に脱ぎたくて脱いでいたのならば、単なる痴女です。とまあ「脱ぎたい訳じゃない」のが確認できたことは良いのですが……。高音にとっては悲しいかな、これに対する読者の反応は「脱がない高音さんなんて高音さんじゃない!」でした。もはや読者にとっての高音のアイデンティティは「脱ぐこと」らしいです。がんばれ高音。




◆人呼んで ゆーな☆キッド キッドって呼んでくんな

161


何気に4位となっていた裕奈。豪徳寺など「気」を扱える人間が7位である中で4位というのは大健闘と言って良いでしょう。ここら辺は久しぶりのネギまらしい軽いテンポで描いてあって好感を持つ人は多いみたいです(実際言及もかなり多かったです)。

サブキャラとして豪徳寺の他に数人居ますね。中村達也・山下慶一。それとポチ。

161


3位違うことで、貰えた食券の数が余りに違う事に憤慨する豪徳寺。それを見かねて裕奈に絡んでいく美形の山下兄さん。3D柔術を使う彼の笑顔は素敵です。

161


山下「連れが失礼を お詫びに何かおごりましょう 元気なお嬢さん

裕奈「おっ 美形だねー 一撃でエヴァちんにやられた兄ちゃん。
   略して一撃兄ちゃん!名前何だっけ?^^

161


バッサリ切られました。

がんばれ山下兄さん!!




◆食券300枚へと反応する奴ら

まずはJoJo苑から行きましょう。

161


元ネタはこちらの「叙々苑」かと思われます。

>良質吟味、おいしさが最良のサービス



リンク先を見てみると、なんだか高級そうなお店です。いわゆる焼肉屋さんですね。
赤松先生も行ったりするのでしょうか。それにしても、ネギまに出てくる「JoJo苑」なのですが、

どういう訳か高級というよりか奇妙な味がしそうです。

店員が「JoJo苑の肉は世界一ィィイイイイイイイ!!!!!!

とか言い出さないかすごく不安です。
そういえば、パルのアーティファクトの擬音もジョジョ風味

161


食券を狙う柿崎のデコはテカってるし、

161


美空はまるでサイクロンマグナムみたいです。

161

いっけーマグナム!


分かりづらいネタですみません。元ネタ参考はこちら
久しぶりにネギまの軽いノリを見れましたね。

美空の元ネタについては定かではありませんが、こんな感想も。

引用:すかーれっと航海中「魔法先生ネギま!161時間目 感想」

逃げる裕奈を「ふははははははは・・」と笑い、回転しながら?追う美空

この姿に東方不敗の「超級覇王電影弾」を思い出したwww






◆それにしても、このデスメガネ。ノリノリである。

161

タカミチ「最近負けてばっかでストレス溜まってんだよ!!

たかみちのホームページにリンク貼ろうかと思いましたが、
あまりにアレなので止めておきます。
(ググれば出ます)




◆超と、ネギ。

今週は色々と面白い意見が多かったので、先に引用をぺたぺた貼ってみます。

引用:beyond reasonable doubt「ネギま!161時間目感想」より

超の正体はこれまた予想通り“本人は望まない”強化人間の類だったようですが、となると同じく望まない形で吸血鬼となったエヴァが例えば“実験体”や“被験者”もしくは“人間兵器”だった、という線は(超と被ってしまう手前)どうやら無くなりそうですね。
まぁ以前赤松先生が“少年誌では絶対描けない”と仰ってたので大体の所は察しがついてますが、ともあれ似たような境遇である事を知っていたからこそ、エヴァは今回の騒動を静観したのかも・・・なんて事を考えてみたり。


エヴァと超の類似性の指摘ですね。
同様にして、重い過去を持っている可能性があるのが刹那、というのも抑えておきたいですね。重い過去があるほど、今の姿が眩しく映るものですし。

引用:ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...「ネギま161時間目感想」より

「歴史の教科書」という描写が初めてされましたね。

過去の歴史にもあった事で、今現在も世界に溢れている事。
そして、それに超のプロフィールを重ね合わせてみる。

そうすると、超の悲劇的な過去ってのはもうこれしかないですね。

そう。戦争。

戦争という状況なら超の呪紋処理についても頷けます。

死がすぐ近くに迫っている極限の状況では人間らしさなんてものは失われます。
魔法という強大な力を得るため、全身呪紋処理などという非人道的行為が行われても
何ら不思議ではありません。

つまり、超は戦争のための使い捨て人間兵器なのかもしれませんね。
凄い嫌な表現ですけど。


超は戦争の道具だったのでは? という予想。
「歴史の教科書」というフレーズも気になりますが、「今日のニュース」という発言も気になります。麻帆良祭最終日出なければいけない理由があったのかもしれません。

引用:麦秋「161時間目「未来はみんなのためのもの」」より

アスナもエヴァの人殺しの話を聞いた後に「今からだって全然遅くないよエヴァちゃん 幸せになる権利は誰にだってあるんだから」(109時間目)と発言し、魔法をバラすタブーを犯そうとした、魔法界にしたら犯罪未遂の超の幸せを肯定するネギと似たところがあります。エヴァが言うところの「テキトーに発言するなこのバカ頭 何も考えてないだろ」のアスナの考えと、悩んで悩んで涙が出るほど葛藤したネギが出した答えが一緒という。(笑)

 
先ほどの、「超とエヴァが似ている」という意見を見た上でみると、

明日菜→エヴァ

ネギ→超


と重ねて見えますね。もともとネギが少年誌っぽくない主人公像だというのは各所で言われている意見なのですが、(参考:超鈴音編を少年漫画のワクに落とし込むには?第一部)今話では、ようやくネギが少年漫画の主人公らしい事したと言えそうです。

もともと明日菜の方が少年誌の主人公らしい所があったのですが、ネギが明日菜へと一歩近づいた形になりましたね。加えて、重要なのは超のこのコマの表情で、

161

惚れた(とまではまだ行かないけど)……超の感情がネギの方向に向いたという事ですね。
つまり、超鈴音個人の持つテーマが、主人公であるネギに集束するという非常に重要なシーンでした(超のテーマとは、ここ最近のネギま展開のテーマ、と読み替えてもらって大丈夫です)。

これは何も、超に限らない出来事で、今の所メインキャラクターのテーマも全てネギに集束しようとしています。なぜならば、極論、みんなネギに惚れてるから(笑)

明日菜も刹那も千雨も夕映ものどかもエヴァも……。みんなネギへと感情の方向が向けられています。それぞれのキャラクターのテーマが主人公へと集束するという事は、つまり、ネギの物語を追えば全員のキャラクターの物語も追うことになるという、漫画に限らず「物語」に重要な要素ですので。




今回のピックアップはこんな感じです。

いかがだったでしょうか?マガジンの発売前のネギまの復習(笑)だとでも思って、より深く楽しむ手助けになれば幸いですw

それでは次回もよろしくお願いします。

文責:はし
製作協力:やくろ ペペロニ 山岸
2007.01.22(23:02)|ネギま!感想ピックアップコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
カウンター
プロフィール

negimatome

Author:negimatome
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。